【五千円札の富士山には、なぞがいっぱい!】

□□□□□□□□□□□□□□□□□

毎日1分!朝活読書。

vol.305  2011年7月16日配信

『五千円札の富士山には、なぞがいっぱい!』

渡辺 一夫 著

アリス館

□□□□□□□□□□□□□□□□□

『イヌものぼらない急斜面を10メートル

のぼるごとに、本栖湖を見おろす位置が高くなり、

五千円札の本栖湖をみおろす高さにちかづいて

いくのがわかりました。富士山と大室山と竜ヶ岳の

りんかくも、のぼるにつれあわさってきました。』

本文より
▼「紙幣の図柄の決定権は?」

五千円札に描かれた富士山についての疑問を

追求した児童書です。
日本人なら誰でも知っている富士山ですが、

5千円札の富士山はどこから、誰がとった写真をつかって

誰が図柄を決めて、誰が原版を作ったかという

事になるとマニアックに調べた人以外には

知る由もありません。
お札には図柄の人物の名前は書いてありますが、

デザインした人の記載は書いてありません。

(本当はどこかに書いてあるのかもしれませんが、、、)
著者はこの原画の写真を撮った尾崎紅陽さんを

手掛かりに原版を作った工芸官の中田昭吉さんらが

どこで写真を撮ったのか現地調査の結果突き止めます。
過去、聖徳太子と並び図柄に7回採用された

富士山の秘密の数々が解説されています。

「調べるって、ホントにおもしろい!」
勉強する意欲や興味を持ったことを

掘り下げていくためのモチベーションが

上がる一冊です。
葛飾北斎「甲州三坂水面」も実は

水に映った富士山は違う姿をしています。
ぜひ読んでください。

_____

▼編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もありがとうございます。

森澤勇司です。

やはり富士山は雪がないと

ただの山に見えてしまうのでしょう。

「甲州三坂水面」も山だけみたら

どこの山かはわからないですよね。

http://www.museum.pref.yamanashi.jp/4th_fujisan/01fugaku/4th_fujisan_01fugaku36_29.htm
ぱっと思いつきませんが

カタチだけみて「これは○○山」

といえるような特徴的な形をした

山ってどこかご存知ですか?
「紙幣の図柄の決定権は?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される