謡本リフォーム

ごきげんよう!

能楽師 森澤勇司です。

 

本日は2月に思い切って修理に出した謡本が

出来上がってきました。

 

そのまま使っている方も多いのですが、、、

やはり稽古で毎日使うものですし、、、、

何よりも気持よく開きたくなるふれたくなる

身の回りのものはいつも綺麗にしておきたいものです。

 

謡本なので修理などタブーで

朽ち果てないようにそっと使うようにして

10年位経ちました。

 

能楽を始めてから30年たち、、

稽古の時にも開くたびに気になるようになってきたので

思い切って謡本4冊リフォームすることにしました。

 

壊れないか気になる所があれば

自分では集中しているつもりでも

何%か集中力が奪われます。

これはやはり長期で見たら良いことではありません。

 

 

30年使っているので表紙は補修しながら

こんな状態になっていました。

一週間の修理期間の後、こんなに綺麗になりました。

美しい装丁です。

稽古そしていない時にも前においておきたいくらい

綺麗になりました。

舞台に直接上がるものではないですが

稽古で使うもの、自分にとって大切なモノは

いつも綺麗にしておきたいですね。

ものを大切に使うこと稽古ですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される