突然の雨で直会【三輪】

突然の雨

登拝、写典もすみ帰りがすみ、久延彦神社にも寄れそうだったので向かいました。

そうしたら突然の雨です。結構強め、

道の左側にあったお店に避難しました。

お酒の神様、蛇の神様といろいろな伝説が残っているところなので

強制的に直会、、ということで

蛇の好きな卵、と日本酒で直会、お清めも済みました。

ちょうど着替えも持っていたのでお店で着替えさせていただきました。

にゅうめんで体を温めたところで空が晴れてきました。

すべてが予定通りという不思議体験です。

久延彦神社

久延彦神社の階段を登りきったところに展望台があります。

宝物収蔵庫

帰りに宝物収蔵庫にもよらせて頂きました。

神仏習合時代の大黒様のぞうが良かったです。

そして以前の灯籠についていた青銅製の亀が展示してありました。

これがなでうさぎの元になっているという大きな耳の亀です。

その下には獅子の絵と書いて写真が有るのですが、、、、

 

これは亀ではなく「贔屓」です。したも獅子ではなく「狻猊」

龍生九子の亀に似た龍の子と、獅子に似た龍の子です。

仏教的な要素をなくすために亀と言っているのか、

ほんとに亀と解釈しているのかは謎のままですが

次回、参拝のときに神職の方に質問してみようと思います。

大神神社に能楽堂ができる!

かえり二の鳥居の横の看板を見たら、、、

来年能楽堂ができるそうです。

350名収容

そして左側には「幽玄」

また御神体に触れて舞台の氣を充実させていきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される