正論なのに説得力のない人ムチャクチャでも絶対に議論に勝つ人

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
  
朝活読書 vol.119  2011年1月11日配信

『正論なのに説得力のない人ムチャクチャでも絶対に議論に勝つ人』

◆○◆━━━━━━━━━━━━━◆○◆
                    
        
◆《1》今日の一言

◆《2》今日の一冊

◆《3》編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈1〉今日の一言 #119
 
 「守知攻学?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉今日の一冊

『正論なのに説得力のない人ムチャクチャでも絶対に議論に勝つ人』
正々堂々の詭弁術

小野田博一 著

日本実業出版社
—————————————
著者 小野寺博一さんは東京大学出身です。
チェスの日本チャンピオンという経歴も
持っています。

詭弁とは相手を欺くことではなく
論理的ではないことだと著者は
定義しています。

骨が折れた人に
「死ななくてよかったね」
というような事も詭弁の例として
取り上げらています。

「正しいことを学んだ人間は
正しい人間になる」

これも詭弁です。
ならない人もいるのです。

正論を語った書籍の多い中で
詭弁の用例を解説した一冊です。

「上手な議論のための詭弁トレーニング」
という章もあり

「きみにしかできない」

「私の立場だったら同じことをしたのでは」

などといった詭弁に対する受け答えや
対策など豊富な用例が掲載されています。

「論理的に○○」という表題の
ついた本よりも即戦力の知識として
実生活の中で活用できると思います。

ぜひ読んでください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〈2〉編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

母「今日はちゃんと勉強した」

という質問に対する答えと
その問題点が説明されていました。

「勉強して成績が悪いのと、
勉強しなくても成績がいいのとでは、
どっちがいい?」

「うるさいなあ」

「しなくちゃいけないの」

「またその話?それしかいうことないの?」

「お母さんは?」

「お兄ちゃんもやってないよ」

これを会社に当てはめたらどうかと
思ってしてみました。

部長「今日はちゃんと仕事した?」

社員「仕事して成績悪いのと、
しごとしなくても成績がいいのとでは、
どっちがいい?」

「うるさいなあ」

「またその話?それしかいうことないの」

「部長は?」

「課長もやってないよ」

日本の会社ではありえないですね。

「はい、○○と○○で結果は○○です。」

なんていうところが無難な返事で
はないでしょうか。

家族の会話って意外にラテン系ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正論なのに説得力のない人ムチャクチャなのに絶対に議論に勝つ人 正々堂々の詭弁術/小野田 博一

¥1,365
Amazon.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される