日記力

日記力―『日記』を書く生活のすすめ (講談社プラスアルファ新書)/阿久 悠
¥819
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.230  2011年5月2日配信

『日記力』


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記

―――――――――――――――――

▼〈1〉今日の一言 #230
 
 「あなたにとって日記とは?」

―――――――――――――――――

▼〈2〉今日の一冊

『日記力』
日記力―『日記』を書く生活のすすめ

阿久 悠 著

講談社プラスアルファ新書

アマゾン
http://t.co/apGnqWC

楽天
http://books.rakuten.co.jp/rb/1568618/

———————————-
著者 阿久悠さん(1937~2007)は
日本を代表する作詞家です。

昨日と今日の微妙な変化を日々
意識することはあるでしょうか。

日記はこうした微妙な誤差を知るための
メディアだと阿久悠さんは語ります。

続ければ日常生活が変わるという
日記力。ブログを更新している方は
すぐに使うことが出来ると思います。

●この本を一言でいうと

「きまり」です。

●おすすめのポイント

終戦後、「ストライク」を「よし一本」
と言い換えていた田舎の子どもが終戦2ヵ月で
「ギブミー」といってしまう。

そうした仲間の変わり身の早さに腹を立てながら
育った少年時代。

結核、癌と数々の生涯の中でヒット曲を生み出した
巨人の創作法が公開されています。

独自の日記憲法五カ条、のような決まりをつくると
毎日ブログを更新するのが楽になってくると思います。

「日本人が日本人で有ることをどこか拒否している。」

東京都庁、六本木ヒルズや汐留は墓標にしか見えない
醜い美意識の欠如したパッチワークだという批判を通して
日本人の美意識についても言及しています。

日記と言っても「今日何が有りました。」
という事だけではなくその日に感じたことや
ニュースの解釈、切抜きなどまさに
個人のメディアといえる日記の方法は
さすがに一流の創作家ならではです。

独自に決まりをつくりそれを遂行してゆく

創作に対する厳しい姿勢は

強い刺激になると思います。

ぜひ読んでください。

―――――――――――――――――

▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

自分の日記は小学校2年生のものが一番古いようです。
おもちゃを買ってもらったことなど書いてあります。

20歳からは能楽界に入った前後のものを除いて
すべて処分してしまいました。

いまは2001年からの日記と言うより日誌が有ります。
何が有ったか覚えていても「何月何日」「どこで」
と言うのははっきりしないことが
多いので記録し始めました。

昨年からはエクセルをやめて
ノートに記録しています。

一種の落書き帳ですね。

検索はしにくくなりましたが、
たまにパラパラ見ていると
記憶の再生が早くなります。

聞いた音楽は名前がわかれば記録できるのですが
大抵これができません。

食べたものを書いておくと
その日の記憶がかなりはっきりしてきます。

日記の目的は人それぞれですね。

「あなたにとって日記とは?」

←空メールで登録できます。

阿久悠さんのサイト
http://www.aqqq.co.jp/

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される