【生きる読書】 群ようこ 著

生きる読書 (角川oneテーマ21 (B-2))/群 ようこ
¥600
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.267  2011年6月8日配信

『生きる読書』

群 ようこ 著

角川oneテーマ


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼「紙の本と電子書籍どちらがいいですか?」

会計を済ませようとしたが、
やっぱりさっきの本が気になる。
手にとってみて、また棚に戻す。それを
何度か繰り返したあげく、私はこの本を
買ってきてしまったのだった。

小説家:群ようこ
(1954~)

▼小説家 群ようこ さんが毎月どのくらい本を
買うのか。24か月分の購入目録が一覧表になって
エッセイと共に掲載されています。

三味線のお稽古や、古書店での買い物、猫のことや
家族のことなど読書にまつわる日常が
綴られた一冊です。

24のお話を読んでいると、そんなに大事件が
有るわけではありません。
普通の日常の中を興味深く見ているところが
さすがに小説家なんだなと深く感動しました。

著者の購入書籍リストの中に
読んだ本を発見すると嬉しいものですね。

_____
▼編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

本はどんどん増えていくものですよね。
細胞分裂しているのかと思うと気がありますが、
みなさんはどうしていますか?

先日、キンドルを入手し活用していますが、
本を読むのはやっぱり紙がいいですね。

電子機器を使って改めて
本の凄い仕組みに感心しました。

何しろ目的の単語にアクセスするのが
速い!!

電子版でも検索すれば出てくるのかもしれませんが、
ダーッとめくっていってあたりをつけて
バチッっと止めればなんとなく
探していたところに来るものです。

スクロールのスピードは紙の本は速いですね。
ipadも触ってみましたが、
ガレージバンドの方が面白くてその段階で
「読書は不可能」と判断しました。

書籍へのアクセスは電子機器の方が
場所をとりませんし便利そうです。

一冊の本を読むという事だったら
まだ紙のほうがいいですね。

真ん中からパカッと開く液晶画面だったら
もうちょっと読みやすいのでしょうか。

「あなたは紙の本と電子書籍どちらがいいですか?」

今号はいかがでしたか?
おもしろかった。役に立ったと思った方は
是非ワンクリックお願いいたします。

アクティブ・ブレインセミナー

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される