【毒書案内】石井洋二郎 著

毒書案内―人生を狂わせる読んではいけない本/石井 洋二郎
¥1,470
Amazon.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
毎日1分!朝活読書。

vol.270  2011年6月11日配信

『毒書案内』

石井 洋二郎 著

飛鳥新社


□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼「何冊読んでしまいましたか?」

「もちろん、以上の忠告にもかかわらず、あなたが
どうしてもここに挙げた書物をお読みになりたいと
おっしゃるなら、無理にとめるつもりはありませんが、
その場合はあくまでも自己責任でお願いします。」

文学博士:石井洋二郎
(1951~)

▼著者石井洋二郎さんは「星の王子様」の翻訳者です。
読んでしまうと人生がくるってしまうという
35冊の本を選びだしテーマごとに5冊ずつに分けて
いけない理由が語られた一冊です。

いけないと言われると読みたくなる35冊
すでに読んでしまった方も、この本の
視点で読みなおすと確かに人生が変わるかもしれません。
それが良いかどうかは、やっぱりわかりませんよね。

「人間失格」「若きウェルテルの悩み」「二十歳のエチュード」
「孤独な散歩者の夢想」「ヴェニスに死す」

「不思議の国のアリス」「砂の女」「審判」「死霊」「ドグラ・マグラ」

「地獄の季節」「マルテの日記」「無知の涙」「地下室の手記」
「ツァラトゥストラ」

「北の棘」「金閣寺」「わが闘争」「野火」「夜の果てへの旅」
「われらの時代」「北回帰線」「裸のランチ」「サンクチュアリ」
「千の愉楽」

「鍵・瘋癲老人日記」「眠れる美女」「萌え」「幼児狩り」「芋虫」

_____
▼編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

10代、20代で読んだ本が大半ですが、なんとなく
題名から読んだような気がするという
本が多いのではないでしょうか。

10代の時に読んだ本はもう30年以上も
立っているので今読んだら全く違う
感想を持つかもしれません。

一度読んだ本を時間をおいて
読みなおす事って習慣にしてないと
あまりないですよね。

座右の書のようにいつも読んでいると
いつも同じところしか
読んでいなかったりするものです。

30年たってから読む本は
どんなふうに自分が変わったか知るのに
いい物差しになるかもしれません。

「何冊読んでしまいましたか?」

今号はいかがでしたか?
おもしろかった。役に立ったと思った方は
是非ワンクリックお願いいたします。

▼http://clap.mag2.com/slourougug

【毎日1分!朝活読書。】

http://nohgaku.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される