子どもの声が低くなる!

□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
あなたもできる!朝活読書。

vol.209  2011年4月11日配信

『子どもの声が低くなる!』

http://ameblo.jp/yu-o-mo/
□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼《1》今日の一言

▼《2》今日の一冊

▼《3》編集後記


▼〈1〉今日の一言 #209
 
 「あなたにとって声とは?」


▼〈2〉今日の一冊

『子どもの声が低くなる!』

服部 公一 著

ちくま新書


———————————-
著者 服部公一さんは1933年生まれ。
童謡から管弦楽曲まで幅広い作曲を
手掛けた教育者です。

著者、服部さん自身や幼稚園、保育園の先生
方が感じている子どもの声が低くなっている
という事について語られています。

服部さんは子どもの声が約3度低くなっている
と指摘しています。

真ん中のドからレミファソラシドレミ
の10度位というのが子どもの歌の
常識だったそうです。
「ななつの子」(大正10年)
「かもめの水兵さん」(昭和12年)
「牧場の朝」
などがこの音域で作曲されたもの
として紹介されています。

それが近年ラシドレミファソラシドと約3度
低くなっているそうです。

「だんご3兄弟が子の例としてあげられています。」

また住宅事情の均一化などで
現代文明は幼児期から低音化しユニセックス化
地球上では老若男女似たり寄ったりの
声になってくるのではないかと音楽家の視点で
危惧しています。

●この本を一言でいうと

「転調」です。

●おすすめのポイント

子どもの声が低いという事を認識せずに
返事を「もうちょっと元気よく」などと
あおるような事をしてしまうことが有ります。

しかし低い声は、はつらつとした感じはありません。

いきいきとした子どもがいることは
社会がイキイキしています。

子どもと一緒にいる機会が多い方や
最近の子どもは元気がないと感じている方に
おすすめの一冊です。

●生活への活かし方

声は相手の状態を知る手がかりになります。
心が苦しい状態では甲高い笑い声はないのです。

またスズキ・メソッドの事にも紙面が割かれているので
これからバイオリンやピアノを習おうとする方にも
参考になると思います。

ぜひ読んでください。


▼〈2〉編集後記

今日もありがとうございます。
森澤勇司です。

幼稚園ぐらいのお子さんは六年ぐらい前から
稽古するようになりましたが確かに声が低いですね。

楽しそうにしていても何か声に張りがないのは
なぜなのかと思ってたところでした。

小鼓の稽古で掛け声をかけまると

「ホッ」という掛け声も「ボー」みたいに聞こえます。

高ければいいという物ではないですが、
童謡もキーが合わなければ楽しくないですね。

基準音を低くした童謡はちょっと怖い印象になりませんか。

「七つの子」を子どもの声で低く
「かぁらぁすぅ」と聞こえてきたら

なんとなく怪談のような響きが有ります。

遠くの人を呼ぶように声を出すと
自然に高い声になります。

外で走りまわって遊ばないというのも
声が低くなる原因ではないでしょうか。

使わない機能はどんどん退化してゆきます。

「あなたにとって声とはなんですか?」

←空メールで登録できます。

 日本の文化を知るためのおすすめ情報や
 

 

古典の壁をなくしたい方におすすめです。
http://ameblo.jp/kotsudzumi/entry-10836773647.html

アクティブ・ブレインセミナー

facebookファンページ作りました。

▼おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日届く「1日1分!能の言葉」ご登録はこちらから

この記事を書いた人

森澤勇司(もりさわゆうじ)
能楽師小鼓方 1967年東京都生まれ。 テンプル大学在学中に見たこともない能楽界に入門し32歳で独立。 1500番以上の舞台に出演している。 43歳で脳梗塞で入院、 退院後、うつ状態克服のため心理学、脳科学を学ぶ。 復帰後は古典的な能楽公演を中心に活動している。 著書『ビジネス番「風姿花伝」の教え』 明治天皇生誕150年奉納能、 映画「失楽園」、大河ドラマ「秀吉」に 能楽師として出演。 2014年 重要無形文化財能楽保持者に選出される